祖母の命日

人間は生き通しが大切である。生き通しとは、死んでから後、人が拝んでくれるようになることである。

ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。


[singlepic id=1295 w=320 h=240 float=center]
『絆』の祭日。7月10日(日)、第2日曜月例祭は、午後2時より仕えられます。お時間のある方は、祭事後のお茶交流会にもぜひ参加して下さい。


今日は、私の祖母井上礼子の10年目の節目の命日でした。生前いろいろと活動してきたこともあり、祖母を偲ぶ方々から、この2、3日、霊殿に花のお供えが届けられています。また、祖母が初代会長となって立ち上げた、同業の奥様だけの会『めぐみ会』の方々が、現会長を中心にお礼参りに来られました。

死してなお、思い出して頂け、また偲んで頂ける祖母のようになれるよう、私も人様に喜んで頂けるご用に今後も励みたいと思っています。※礼子の10年祭は、井上家2柱の御霊様と合わせて、8月に仕えさせて頂く予定です。


[singlepic id=1296 w=320 h=240 float=center]

井上礼子  大正13年兵庫県芦屋にて生まれる。神戸女学校、大阪女子大英文科を卒業。井上恵一(4代目)と結婚。恵一亡き後は5代目を継承。父は大阪市立大学教授山口正太郎、母は忠子。伯父である、忠子の弟はボーイスカウト連盟コミッショナー故今田忠兵衛。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ