神から出る日給

第2日曜は「願いの宮」へ。11月9日(日)は、第2日曜の月例祭(午後2時)が仕えられます。※参拝された方は、玉串を奉奠して頂きます。

「願いの宮」オリジナルの願掛けストラップと携帯用神殿画像が完成!!「おかげ絵馬(感謝絵馬)」を奉納して桃の花を咲かせましょう!!「願いの宮」CMはこちら

Toukisai010昨日、兵庫県在住の男性(20代)が参拝されました。仕事を辞められ、次の仕事を探そうとされているようでしたが、不安神経症気味とのことなので、「まずは焦らずに、こころの方のおかげを頂きましょう。働いていないからいってなにも自分を責める必要はありません。休憩する時は、しっかりと休憩させて頂くことが大切ですよ。」と言わせて頂きました。その後、桃花札を引かれたところ、“人から出る日給はわかっても、神から出る日給はわかるまい”とカードに書かれてありました。人間側の尺度で考えると、上手く人生が進んでいない状態だったとしても、そこには今後の人生を決める財産ともいえるような“おかげの元”が落ちているものです。人から出る日給にばかり目を向けず、神様から出る日給(お金では計れない財産)に意識を向け、しっかりと図太くおかげを頂いていきたいものです。以下は、彼から届いたお礼のメールです。(※画像:10月25日「橙輝祭」金弊の儀)

ももやま様。昨日は参拝させて頂きありがとうございました。また、「祝詞集(拝詞集)」まで頂いて、本当にありがとうございました。さまざまな不安が日々募ってしまい、何度も宮に参拝しももやま様に話を聞いて頂きたいと思ってしまいます。そんな私の話もいつも暖かく聞いて下さりありがとうございます。「なんとかなるでしょう」と仰って頂いて心が晴れました。

ももやま様のブログを今朝、読みますと「何かのしわざではないでしょうか。何かの罰ではないでしょうか」とありました。私は今、いつもこのような心持ちになっています。これでは不安が募って当然ですね。不安で落ち込んだときなどは、教えて頂いたようにいずれかの「祝詞」を唱えていきます。焦らず、不安がらず、一歩一歩、辛抱して信心して参りたいです。ありがとうございました。

第2回(最新)講演セミナーCDの注文を受け付けています。おかげを頂きたい(開運したい)けど、なかなか状況が変わらないと感じている方にはお勧めのCDです。 → 注文はこちら また、第1回講演セミナーの内容は無料インターネットセミナーで聴くことができるようになりました。 → 無料ネットラジオセミナーはこちら(第1回約60分)

【開運のポイント】悪いことを思い出して苦にするな。今日が大切である。先を楽しめ。

※このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気blogランキングへ(26日現在5位)!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ