神を杖に生きる

金の杖をつけば曲がる。竹や木の杖をつけば折れる。神を杖につけばよい。神は、曲がりも折れも死にもなさらない。

12月11日(土)は、掃除でおかげ日(午後3時開始)、参加者募集中、詳細はコチラ。同日、夜、劇団☆流星群「GAIA」奉納通し稽古、見学者募集中、詳細はコチラ

[singlepic id=29 w=320 h=240 float=center]
12月19日(日)、願いの宮×温心イベント詳細はコチラ。温心エコカイロ予約受付開始(詳細はコチラ)。※来年2月2日発売のオレンジページに掲載予定。

兵庫県在住の女性(30代)が初参拝されました。前向きになれない状況が続いたこともあり、一時期は借金ができてしまうほど、占いにハマってしまったそうです。現在は、立ち直られたようですが、幼少期から今までのことをいろいろ聞かせて頂いたところ、家族に振り回されることで、自分自身の思いや好みを表現することができずに育ち、周囲の決断に合わせて生きて来られたようでした。

「この年になってようやく、気づけたことがたくさんあります。愛情がほしかったのか、ぽっかり穴が開いたような気になると、何かでそれを埋めようと、必要以上にのめり込んでしまう癖があるようです。」と話されていました。

「頼るなら、目に見えない神様に頼ることです。金であれ、人であれ、目に見えるものを頼ると裏切られます。目に見えない神様に頼っていれば、目に見えるものは自然と整っていくものです。神様に心を向け、たくさんの愛情を頂きましょう。」と言わせて頂きました。

世間では、彼女のように占いにハマってしまい借金をつくってしまうという方もたくさんおられるようです。占いそのものが悪いということではありませんが、あくまで前向きになれるサポート的な役割だということを覚えておきたいものです。

今年も今月で終わりになりました。可能な方は、年末までに今年一年のお礼参りをさせて頂きたいものです(参拝が無理な方は、特別祈願でも、祈願メールからでもいいので、感謝の気持ちを神様に送らせて頂くことを考えられたらどうでしょう)。また、12月30日は「年越大祓式」が午後2時から仕えられます。人形に念を込め、今年一年の厄を落とし、悪しきメグリを祓わせて頂きましょう。


※ツイッターで宮のことをつぶやく際、半角開けてハッシュタグ「#negainomiya」を末尾につけて下さると宮の仲間がさらに広がります。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ