神徳に触れる

ここへ参っても、神の言うとおりにする者は少ない。みな、帰ってから自分のよいようにするので、おかげはない。神の言うことは道に落としてしまい、自分勝手にして、神を恨む者もある。神の一言は千両の金にもかえられない。ありがたく受けて帰れば、船にも車にも積めないほどの神徳がいただける。心の内を改めることが第一である。

2月11日(祝)午後2時から、バレンタイン直前企画、良縁成就祈願「桃祭」が執り行われます。詳細及び、郵送用の良縁桃形はコチラ恋愛や結婚につながる良縁だけでなく、人や仕事等の良縁のお願いごとでもかまいません。また、午後4時からはヘアメイクショーもあります。お時間のある方は、ぜひ足をお運び下さい。

[singlepic id=29 w=320 h=240 float=center]
昨年から月参拝されている兵庫県在住の男性(30代)が参拝されました。参拝されるまでは、鬱病がなかなか回復せず、長いトンネルの中にいるような状況のようでしたが、参拝を続けられているうちに、少しずつ目に見えて回復していかれました。

最初の頃は、じっと黙って広前で祈られているだけでしたが、最近では、話す言葉数や笑顔もだんだん増えていきているようです。「浮き沈みはまだありますが、だいぶ気持ちが楽になってきました。」と嬉しそうに話されていました。

神様のおかげは難しいことを学んだから頂けるというものでもなく、このように、ただ宮に身を寄せているだけで頂けるおかげもあるようです。


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ