神様を大黒柱に

重い物を背負っているか担いでいれば苦しいが、そうでないから信心は楽である。家業を勤めながら信心せよ。


『絆』の祭日。11月13日(日)、第2日曜月例祭は、午後2時より仕えられます。お時間のある方は、祭事後のお茶交流会にもぜひ参加して下さい。


[singlepic id=29 w=320 h=240 float=center]


今日は、大阪市内在住の女性(30代)がお参りされました。久しぶりの参拝でしたが、今回は、彼女が働いているお店を経営(数店舗経営)されている女性経営者(30代)の方を連れてのお参りでした。彼女は普段、この女性経営者の片腕として、働いているそうです。

「会社全体の売り上げが下がり、社員も不安になっています。なんとか立て直したいので、よろしくお願いします。」とのことでした。

「人間の心はどうしても、状況に合わせてしまいやすいので、状況が悪くなると、つい落ち込んでしまい、やる気までなくしてしまうものです。状況が良くなれば、誰でも気力は出ますが、大事なことは、状況が悪い時にこそ、先にモチベーションを上げていくことでしょう。もっとも、本来は、状況に左右されない心を持たせて頂かねばなりませんが・・・。」と言わせて頂くと、

「そうなんです。私たちに気力がなくなると、従業員はもっとなくなるので・・・。なんとか流れを変えたいです。」とのことでしたので、

「従業員にとって、お二人は大黒柱ですが、お二人は、神様を大黒柱にさせて頂きましょう。お任せするところは、任せておけば大丈夫です。心配はいりません。まずは、半年間だけでも目標を決めて、月参りさせて頂きませんか?経営者の方の中には、月末や月初めに参拝される方も多々おられるので、同じようにモチベーションを上げて、神様の後押しを頂き、商売繁盛のおかげを頂きましょう。」と言わせて頂きました。

入って来られた際は、落ち込み気味の雰囲気でしたが、帰られる頃には、元気になって宮を後にされました。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ