神様を実感する

よく、神に捨てられた捨てられたと言うが、神はめったに捨てはしない。みな、人間の方から神を捨てるのである。

[singlepic id=43 w=320 h=240 float=center]
大阪府内在住の女性(50代)が月参拝されました。

「日々の感謝を忘れ、おかげはまだかまだかと焦る方が多いと先日の大祓式で、お話されていましたが、私も最初に参拝させて頂いた頃はそう思っていました。また、おかげを頂かれた話を聞いては、その人がうらやましいと感じ、余計に焦りを募らせていました。今から考えると、神様に大変失礼な態度をとっていたと思います。」と話され、

また、「もちろん今は違います。参拝を続けさせて頂くうちに、だんだんと神様のお考え、愛情があってのことだということがわかってきました。振り返ってみると、いろんなおかげを頂いていることにも気づけ、本当にありがたいと感謝しています。神様に心を向けさせて頂いて入れば、たとえ目に見えて状況が変わらなくても、見えないところで働いて下さっていることを日々実感しています。」とも言われ、

さらには、「まだまだ、家庭の問題で苦しいこともありますが、“私を踏み台にしておかを頂いて下さい”というももやまさんのお言葉に甘え、踏み台させて頂いて、おかげを頂いていきたいと思っています。」と力強く話されていました。


宮の新築落成から10年の節目の年を迎えるにあたり、大祭後からお広前の畳替えとガラス窓に新たに障子を入れるリフォーム工事が始まります。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ