神縁

病気にでもなると、だれでも人には話すが、神に申しあげることはしない。人には言わなくても神に申しあげてお願いすれば、おかげが受けられる。拝み方は知らなくても、一心にすがればおかげをくださる。

来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。

[singlepic id=384 w=320 h=240 float=center]
20代くらいの若い姉妹が初参拝されました。新設したばかりの鈴の緒を振って、しばらく入口付近でお祈りされていました。

熱心にお願いされていたので、彼女たちに声をかけてみたところ、「実は、近くの病院で母親が今日手術をしたんです。こちらが近くにあったので、術後の回復をお祈りしに来させて頂きました。元気が出るお守りのようなものはありませんか?」と尋ねられたので、

「お守りはありませんが、ご自身が握って祈れる願掛けストラップはありますよ。」と巫女席に案内させて頂くと、最初はお母様にと思われていたようですが、可愛いから私たちもほしいと、ストラップを3つ持って帰られました。

「お母様の今後の治療方法等が決まれば、また参拝して下さいね。今度は、一緒に祈らせて頂きましょう。」と言わせて頂くと、「はい。また参拝させて頂きたいと思います。」と笑顔で宮を後にされました。

神様との御縁(宮との出会い)は不思議なものです。病院から近いとはいえ、どこで宮のことを知られたのかわかりませんが、いろんな方の心の支えとなっているようです。


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ