第2日曜月例祭とお茶交流会

金の杖をつけば曲がる。竹や木の杖をつけば折れる。神を杖につけばよい。神は、曲がりも折れも死にもなさらない。

[singlepic id=1154 w=320 h=240 float=center]
今日は、第二日曜の月例祭が仕えられました(画像:玉串奉奠)。

「無縁社会」といわれる時代になりました。TV放送後に、宮とご縁を頂かれた方々の中で、一人暮らしのお年寄りや、話し相手がいない年配の方に、月例祭と祭事後のお茶交流会に参加されませんかと案内状を送らせて頂いたところ、60代、70代の方が7名ほど参拝されました。

中には、「先月、こちらに寄せて頂いた時までは、死にたい死にたいと毎日思っていたのですが、今はそれも治まり、だいぶ元気になってきました。ありがとうございます。」とお礼を言われる女性(60代)もおられました。また、お茶交流会にも参加され、おかげを頂いている方々の話を聞き、さらに元気になって帰っていかれました。

今後も、こういう方々のお役に立つ宮でありがたいと思っています。


※ツイッターで宮のことをつぶやく際、半角開けてハッシュタグ「#negainomiya」を末尾につけて下さると宮の仲間がさらに広がります。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ