結婚話が進むおかげ

人間であるから、生きている間は先々のことを考えもしようし、心配の尽きる時はあるまいが、それがみなおかげになれば、心配はあるまい。心配は、信心すればみなおかげになる。心配は体に毒、神に無礼である。心配する心を神に預けて、信心する心になれよ。おかげになる。

ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。


[singlepic id=72 w=320 h=240 float=center]

『絆』の祭日。8月14日(日)、第2日曜月例祭は、午後2時より仕えられます。お時間のある方は、祭事後のお茶交流会にもぜひ参加して下さい。


島根県在住の女性(30代)が参拝されました。前回、初参拝された際、家庭内での人間関係、遠距離恋愛中の彼との結婚のことなど、いろいろとお願いされていました。

「お参りさせて頂いて以降、私の心に余裕ができたからなのか、母と祖母の関係が、以前よりも改善され穏やかになりました。また、彼との結婚話も進み、彼と住むために関西に引っ越してくることになりそうです。おかげを頂いています。」とお礼を申されていました。

初めて参拝された時は、家庭環境や田舎に住んでいることもあり、“こうでなければならない”という考え方(思い込みのメグリ)に縛られているようでした。「もっと自分の幸せを考えてあげましょうね。周囲にばかり合わせていると、いつまで経っても決断できませんよ。」と言わせて頂いていました。一歩前に出ようと、腹が決まったところから、彼との結婚話が進み出したようです。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ