続けることが大切

信心といっても別にむずかしいことはない。親にものを言うように、朝起きたら神にお礼を申し、その日のことが都合よくいくように願い、よそへ行く時には、行ってまいりますと言ってお届け申しあげよ。そして、帰って来たら、無事で帰りましたとお礼を言い、夜寝る時にはまた、その日のお礼を申して寝るようにすれば、それで信心になる。

[singlepic id=42 w=320 h=240 float=center]
千葉県在住の女性(30代)が、参拝されました。彼女は2年ほど前に初参拝されて以降、年に一度は宮に足を運ばれるようになりました。

初参拝された際は、厳しい上司と折り合いが悪く、自信を失い、精神的に追い込まれている状態でした。その際に、お下げした神棚代わりの「天地書附」に向かって、朝晩のお祈りを続けてこられたところ、状況が少しずつ好転するおかげを頂かれているようです。

仕事の面では、派遣だった仕事も、逃げずに正面から受けようと腹を決め、ひとつひとつ丁寧にすることを心掛け、朝も早くから会社に向かい、仕事以外の掃除やコピーの用紙を補充するなど、誰が見ているわけでもないのに心配りを続けてこられたそうです。

するとありがたいことに、この不況下で派遣社員が切られていく中、正社員になるおかげを頂いたとのことでした。

神様を心の支えに、自暴自棄になることもなく、朝晩のお祈りを続けることで、心に余裕が生まれ、神様に守られている実感も日に日に増えているようです。心配や不安に意識が向いていた生活が180度変わり、話し方にも自信が現われているように感じました。

また、それだけに止まらず、初参拝の際から願われていた良縁のおかげも頂かれ、何年間もできなかった彼氏ができ、トントン拍子で話が進み、来月結婚することになったとのことでした。

「こんなにも変わるとは思いませんでした。毎日手を合わせることが今では日課になり、心の支えになっています。結婚後の不安もありますが、今まで通り、神様に心を向けておかげを頂いていきたいと思います。」と嬉しそうに話されていました。

劇的な彼女の変化に喜ぶと同時に、信心とは頭で理解するものではなく、素直に実行してみること、そしてそれを持続させることがやはり大切なことだと改めて思わされました。

11月14日(土)午後1時開始。「めでたいマインドは最強無敵なり!!☆」のブログでお馴染みの嫁さんの独演会(セミナー)が難波市民学習センターで開催することになりました。定員は16名で、残りあと8名です。興味のある方は、コチラをのぞいて下さい。

このブログを応援して下さる方は、以下を1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!→人気ブログランキングへ(30日現在11位)

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ