繰り合わせのおかげ

人間であるから、生きている間は先々のことを考えもしようし、心配の尽きる時はあるまいが、それがみなおかげになれば、心配はあるまい。心配は、信心すればみなおかげになる。心配は体に毒、神に無礼である。心配する心を神に預けて、信心する心になれよ。おかげになる。

5月23日(日)午後2時より開運『春季大祭』が仕えられます(詳細はコチラ)。※大祭に合わせて特別祈願の用紙を送って下されば、祭典中(献饌行事)に奉納させて頂きます。

[singlepic id=49 w=320 h=240 float=center]
東京都在住の女性(20代)から、以下のようなお礼のメールが届きました。

願いの宮、ももやま様。こんにちは。いつもお世話になっております。私は、東京で会社員として働いておりますKと申します。

この度の金色祭で、2回目の訪問をさせて頂きました。初めて訪問した際に一緒に伺った彼と、結婚することを報告させて頂き、結婚式や海外での結婚生活など、これからの2人の活動に対するおかげを頂戴しに参りました。

大阪から東京への帰路に際し、早速おかげを頂けたので、遅ればせながらお礼をさせて頂きたく、御連絡した次第です。まず、大阪を満喫してしまい東京への新幹線に乗り遅れそうであったところ、ホームからホームまで最短の道のりを辿ることができ、少し余裕を持って間に合うことができました。最後まで安全な旅路へお導き頂きどうも有難うございます。

また、開運昇運桃形にも記載したのですが、急なスケジュールとはいえ7月に気に入った神社で挙式をあげたいとお願させて頂いたところ、彼も私も好きな某神社で、午後のちょうどよい時間帯に挙式の予約をすることが出来ました。

一番気に入った神社で、一番ちょうどよいタイミングで(しかも大安です!)挙式ができること、誠に感謝しております。ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。



ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ