自分の人生を生きよ

容赦をするな。鐘は打ち割る心でつけ。太鼓はたたき破る気でたたけ。割れも破れもしない。ただ、その人の打ちよう、たたきようしだい。天地に鳴り渡ってみせよう。


ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。


[singlepic id=910 w=320 h=240 float=center]

大阪市内在住の女性(30代)が参拝されました。彼女は、才能をもちつつも一度ある業界からドロップアウトしていることもあり、その後は日々の生活に追われ、なかなか前を向こうとはしていませんでした。前を向こうとしないので、当然彼女の周り集まるのは、彼女にいい影響を与えるような人はいませんでした。

毎回、参拝しても現状の愚痴ばかりで、「よくわかりました。それで自分はどうしたいの?」という質問に対してもいつも受け流し、それでも愚痴を話しているだけのような状態でした。それでも何年かかけ、少しずつですが悪循環から抜け出しつつあるようではありました。

そんな中、昔いた業界から声をかけられ、千載一遇のチャンスが巡って来たようでしたが、前を見ようとぜず、愚痴ばかり話している現在の彼女に失望し、会って話すこともないからと断りの連絡が入ったようです。

「自分の人生なんです。周囲のことは放っておけばいい。しっかりと神様にお願いして、自分の人生を歩みなさいと、いつも言ってきたでしょう。それでもあなたは、あの人はどう、この人はどうと、周囲のことばかり話しているだけ。これが改善されていれば、今回の話もスムーズに進んだことでしょう。もったいない、自分で自分のチャンスを潰しているんですよ。とはいえ、まだ終わったわけではありません。ここからおかげを頂きましょう。」と言わせて頂き、

また、「例えていえば、高い山に登ることができる才能があるからこそ、あなたには今でも業界からお声がかかるんです。しかし、本人に登ってやろうという意思がなければ、そりゃ相手からも断られるでしょう。低い山なら、仲間と手をつないで気楽に登ることもできるでしょうが、今の周囲の仲間は、あなたの足を引っ張るような仲間ではありませんか、それは本当の仲間ではありません。高い山は命懸け。やるなら本気で登らなあかん。本気で登れば、応援してくれる人もさらに増え、チャンスも広がり、本当の仲間もできるでしょう。もったいないですよ。立ち止まっている時間はありません。」と言わせて頂きました。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ