苦しみを背負う

いかなる大しけの時でも、神を頼んで、助けてくださいと言って、船の向く方へ行かせるようにせよ。船の行かない方へわが力で進めようとするから、命を失うこともある。

[singlepic id=519 w=320 h=240 float=center]
仕事が見つからないと、苦しんでおられる方も多くおられますが、多くの従業員を抱えている社長さんたちも、一歩間違った選択をするだけで、会社が倒産しかねない厳しい状況の中での経営なので、別の意味で日々苦しんでおられるようです。

数年前から、願いの宮に参拝されるようになられ、当時赤字だった会社も、現在では黒字に変わるおかげを頂かれている経営者の男性(60代)が、お参りされました。その後も増収増益のおかげを頂かれ、目標であった年商140億を越え、142億を達成されました。

その後、2年ほど前から経営改革の一歩を踏み出され、今後の発展のため会社の売りである部門に特化すること、さらに足を引っ張る部門を力のある企業に買収してもらうべくM&Aの話を進めることに専 念され、そのM&Aも昨年無事に成功し、土地の売買から、本社の移転まで様々なことにいたるまでやるべきことを順番に進めて来られました。

この経営者の男性は、事あるごとに、次に進める事業計画の資料を持参され、過ちがないよう、スムーズに事が運ぶようにと、結界に資料を差し出されて、細かくお願いをされます。規模が大きいだけに、億単位のお金が動く大きな話ではありますが、黒字とはいえ、少しのタイミングのズレだけで、会社が傾いてしまうような状態の中、神様の後押しを受け、ここまでおかげを頂いて来られました。

今回は、12月の決算報告と、3月までの目標、さらには本年度の社長方針が書かれた紙を奉納されました。今年は、順調に行くと経営改革を完成させる年になるので、社員一丸となって、それに向かって邁進していきたいとのことでした。

私自身、日々あらゆる方々のことを願わせて頂いていますが、経済的に苦しんでいる方、癌や心の病で苦しんでいる方、いろんな重責を背負っている方々等の苦しみを少しでも忘れないようにと、この社長方針の紙を奥の部屋に貼らせて頂きました。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ