貪欲におかげを求めよう

信心していれば、目に見えるおかげより目に見えないおかげが多い。知ったおかげより知らないおかげが多い。後で考えてみてはじめて、あれもおかげであった、これもおかげであったということがわかるようになる。

ご要望が多数あり、PC上で祈れる神殿ページを作成しました。神棚代わりに、祈る目当てとしてお使い下さい(PC神殿はコチラ)。


[singlepic id=471 w=320 h=240 float=center]
画像が気になる方はコチラ


仕事で大きなプロジェクトを任されていた東京都在住の男性(40代)から、以下のようなお礼のメールが届きました。

桃山さま。お世話になっております。本日は近況の報告です。「お盆の頃迄大変になりそう」ということでプロジェクトの事でお願いに上がった件のご報告を致します。

7月23日に参拝に伺って、明らかに自分の心も体も調子が「戻った」感じがしていたのですが、自分を取り巻く状況まで変わるのかどうか、内心少し不安な気持ちもありました。

それほど今まで体験したことのない、嵐の中にいるような、そして目の回るような状況でした。(自分がそういう状況を作っていたのも事実ですし、また焦りや不安の感情でさらに状況を悪化させていたように思います)(「和賀心」が大事と頭では思っていても、どうすることもできず身動きの取れない状況でした)

それがどうでしょう。よいタイミングで人の助けを頂いたり、これまで文句を言うばかりでさっぱり動いてくれない人までが、自分の為に動いてくれたりして、最初の1週間で重荷に感じていた事が随分と軽くなり、最終的に12日の金曜日までに、(どうしても期限を守らねばならないと厳命されていた)大きな山を片付けることができました。金曜日は喝采を上げたくなるような気持ちでした。本当に感謝です。

参拝後、明らかに人との巡りあわせがよくなったことが、今でも不思議です。本当に有難いなと思います。逆に言うと、普段気づかぬところで人の助けを借りて無事でいることを「当たり前」と思っていたことにも思い至りました。

これからも9月終わりにかけて、2つ、3つ大きな山がありますが、油断することなく対処していきたいと思っています。順調に行けば、9月に長い休みを取ることができそうですので、その時には、今回のお礼と、今後のことをお願いに上がりたいと思っています。あまりきれいな言葉ではないかも知れませんが、もっと貪欲なくらい神様からおかげを頂いて行きたい、そう思っています。

宜しくお願い致します。




※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ