踏み台に

人の心は移り変わりやすいものである。人を頼りにするから、腹を立てたり物事を苦にしたりすることになる。人に向かう心を神に向けよ。神は、願えば何でも聞き届けてくださる。

[singlepic id=34 w=320 h=240 float=center]
大阪市内在住の女性(40代)が参拝されました。離婚後の経済的なこと、子育てのこと、年老いつつあるご両親のことなど、最近の悩みごとを話されました。

「先の不安もありますし、仕事上のストレスなど、いろんなものが重なってしまい、宮になかなかお参りする時間がなかったので、少しでも精神のバランスを保とうと自宅で神様(神棚)に向かっていろいろとお話を聞いてもらっていました。以前は、よく涙を流していましたが、最近は、涙もでなくなってきています。」と言われたので、

「神様を心の支えに、あなたが家族の踏み台になってあげましょう。あなたの踏み台には、私がなります。」と言わせて頂くと、「私には話を聞いてもらえる人も、頼れるところもありません。そう言って頂けるとありがたいです。」と涙を流して喜ばれていました。帰られる頃には、重い荷物を置いて帰られたかのように、スッキリとした笑顔で帰られました。


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ