退職のお礼

信心していれば、その時は都合が悪いようでも、神の仰せにそむかないでいると、後になってから、あれもおかげであった、これもおかげであったということがわかってくる。これがわかるくらいの信心をしなければ、信心するかいがない。


来年に向け、今年も幕と幟を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。


[singlepic id=920 w=320 h=240 float=center]

12月30日(金)、午後2時より、今年最後の年越大祓式が仕えられます。“人形(ひとがた)”を通して、一年の心の垢を掃除させて頂き、新たな気持ちで新年を迎えさせて頂きましょう。


先日、某テレビ局で働いている福岡県在住の女性がお参りされました。今回、無事に定年退職することができた報告ええい年をととともに、65歳まで週に3回同じ職場で働けることになったとのことのお礼の報告をされました。

彼女は、5年ほど前に、初参拝されましたが、その頃は、支局におられ、定年までにはなんとかして本社勤務に戻りたいと願われていました。その後も、定期的にお参りを続けられているうちに、周囲の誰もがもう支局で定年を迎えるだろうと思われていましたが、予想に反して、本社勤務に戻るおかげを頂かれました。

定年後は、週に3回の本社勤務。その他の空いた時間で、今まで仕事を通して頂いたたくさんのご縁を活かして、何かお役に立つようなことをしていきたいと考えているとのことでした。「おかげを頂いたこともありがたいですが、苦しい時があったからこそ、神様とご縁ができ、どんな時でも前向きになれるようになった。そのことが、ありがたいです。」と話されていました。



※ブックスで、宮の紹介本を作成してみました☆


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ