鴨居と敷居が完成

人間であるから、生きている間は先々のことを考えもしようし、心配の尽きる時はあるまいが、それがみなおかげになれば、心配はあるまい。心配は、信心すればみなおかげになる。心配は体に毒、神に無礼である。心配する心を神に預けて、信心する心になれよ。おかげになる。

宮の新築落成から10年の節目の年を迎えるにあたり、お広前の畳替えとガラス窓に新たに障子を入れるリフォーム工事が始まることをお知らせしていました。

いよいよ工事も始まり、今日は、障子を入れるための鴨居と敷居を取り付けて頂きました。来月、7日から10日にかけて畳替えや、新しい建具を入れる予定になっています。新しい畳と、障子が入るとお広前の雰囲気も変わることでしょう。

[singlepic id=771 w=320 h=240 float=center]
[singlepic id=772 w=320 h=240 float=center]
少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を現在も募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。


ブログランキング
← ランキングに参加しています。


このブログを応援して下さる方は、1日1回クリックして下さい。クリックがカウントされると「願いの宮」が上位に進みます!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ