BLOG

ブログ

ブログ

お知らせ

“開運の扉を開く”まずは願いを言葉に現そう!!

2008-02-05

[message type="custom" width="100%" align="center" start_color="#FDEFF1" end_color="#FDEFF1" border="#FFA5B7" color="#333333"] 【開運メッセージ】人間が神と仲よくする信心である。神を恐れるようにすると信心にならない。神に近寄るようにせよ。 [/message] 祈り

ある読者からの質問

東京在住の方から、「祈願」について以下のような質問を頂きました。 [message type="custom" width="100%" align="center" start_color="#FDEFF1" end_color="#FDEFF1" border="#FFA5B7" color="#333333"] 桃山様、いつもブログを拝見させていただいております。 祈願について質問がありましたのでメールをさせて頂きました。 「幸福祈願」と「特別祈願」の違いは何でしょうか? 現在東京に住んでおりますので遠方から是非お願いをしたいと思っています。 また、お願いは欲張っても良いのでしょうか? 例えば、お金のこと、人間関係のこと、そして恋愛のことなど。 是非教えて下さい、宜しくお願いします。 [/message]

神様に思いを伝える

質問の内容を踏まえた上で、「実際に参拝すること」、「特別祈願」、「幸福祈願」の違いを以下のように説明させて頂きました。 [message type="custom" width="100%" align="center" start_color="#FDEFF1" end_color="#FDEFF1" border="#FFA5B7" color="#333333"] 「幸福祈願」は、無料メールです。 「特別祈願」は、自筆で書いた願いをお供え(金額自由)とともに神殿に奉納させて頂きます。 結婚相手のご両親に挨拶する場合、よほどの理由があればですが、電話ですまそうとする方はいないでいしょう。 神様でも、同じことだと考えて下さい。 ここぞという願いは、襟を正して実際に参拝される方がいいでしょう。 それが無理ならば、実際に参拝できないけれども、気持ちだけでも相手に伝えようと努力するのが筋かと思います。 「実際に参拝すること」、「特別祈願」、「幸福祈願」は、願う(神様に思いを伝える)側のために、可能な範囲でできる選択肢を用意させて頂きました。 距離があって実際に無理ならば、せめて自筆で書いた願い事を送らせて頂こうという気持ちになられた方がいいかとは思いますが、とにかく今は緊急なので、せめてメールだけでも送らせて頂きたいと思われるならそれもいいでしょう。 難しく考えず、自分が出来る可能な範囲でさせて頂けばいいのではないでしょうか?? 生きている限り、願いは尽きません。 まずはどんな願いでもいいので、言葉にしてみることから初めてみませんか?? [/message]

“御利益多数!”祈願のご案内

御利益 御利益

実際に参拝される方はコチラ

特別祈願の方はコチラ

祈願メールはコチラ

  • 株式会社桃山社中
  • 願いの宮神前式 for LGBT