Archive for 11月 2009

「第二の誕生日」

信心していれば、目に見えるおかげより目に見えないおかげが多い。知ったおかげより知らないおかげが多い。後で考えてみてはじめて、あれもおかげであった、これもおかげであったということがわかるようになる。 ◆来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して

続きを読む

参拝後の感想

大きなことはお願いし、このくらいは構わないと言うことはない。神には、大きいこと小さいことの区別はない。何事にも神のおかげをいただかなければならない。 ◆来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いい

続きを読む

神は頼まれるのが役

神へは何でも願え。神は頼まれるのが役である。 ◆来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。 [singlepic id=303 w=320 h=240 float=ce

続きを読む

夫婦でお店をオープン

商売するというから神は見ている。商売させていただくという心になれば、神はつきまとってさせてやる。 ◆来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。 [singlepic i

続きを読む

アイルランドから喜びメール

わが子のかわいさを知って、神が人間をお守りくださることを悟れよ。 ◆来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。 [singlepic id=416 w=320 h=24

続きを読む

中継地点

信心しておかげを受けて、難儀な人を助ける身にならせてもらうがよい。神の心になって、受けたおかげを人に話して真の道を伝えるのが、神へのお礼である。それが神のお喜びとなる。 ◆来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご

続きを読む

喜びのメール

人間であるから、生きている間は先々のことを考えもしようし、心配の尽きる時はあるまいが、それがみなおかげになれば、心配はあるまい。心配は、信心すればみなおかげになる。心配は体に毒、神に無礼である。心配する心を神に預けて、信心する心になれよ。おかげになる。 ◆来年に向け幕と鈴を新調することになりました。

続きを読む

襟を正して大祭参拝

真にありがたいと思う心は、おかげのはじめである。 ◆来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。 秋季大祭が、無事に仕えられました。 今回、大祭に初めて参拝された男性(5

続きを読む

赤い幕で大祭を迎える

神は人間の本体の親である。信心するのは親に孝行するのと同じようなものである。 ◆来年に向け幕と鈴を新調することになりました。少額でもお供えさせて頂きたいと願われる方、財的に支援して下さる方を募集しています。ご協力よろしくお願いいたします(詳細はコチラ)。 ◆明日、23日(祝)午後2時より、秋季大祭が

続きを読む

ご縁が広がる

信心をしていても、なぜおかげがないのであろうかと思ってはならない。たとえば、麦をまいて肥料をやっておいても、正月ごろには、肥料をやらないのとまったく変わらないが、春先になると、肥料をやったのはずっと伸びてくる。信心もそのとおりであるから、怠らないで、一筋の心でせよ。 ◆11月23日(祝)午後2時より

続きを読む