Archive for 4月 2010

安産のお礼

子は、わが力で産むとは思うな。みな親神の恵みによるものである。 ◆5月23日(日)午後2時より開運『春季大祭』が仕えられます(詳細はコチラ)。 [singlepic id=667 w=320 h=240 float=center] 大阪市内在住の女性(30代)が、生後2カ月の赤ちゃんを連れて安産のお

続きを読む

結魂式(けっこんしき)

信心は日々の改まりが第一である。毎日、元日の心で暮らし、日が暮れたら大晦日と思い、夜が明けたら元日と思って、日々うれしく暮らせば家庭に不和はない。 [singlepic id=687 w=320 h=240 float=center] 今日は、結魂式(けっこんしき)を仕えさせて頂きました。結魂式って

続きを読む

気づきが増える

広大なおかげというが、おかげとはめいめいの真に映る影のことであるから、神に大きな真を向けてみよ、大きなおかげがわが身にいただける。小さな真で大きなおかげはもらえない。影は形に添うと決まったものである。 [singlepic id=150 w=320 h=240 float=center] 先日、片想

続きを読む

開運・春季大祭のご案内

[singlepic id=685 w=320 h=240 float=center] 常平生の信心はもとより大切であるが、 ご大祭を機会にいっそう改まっておかげをこうむろうとする心が、 改まったおかげとなる この大祭は、日頃おかげを頂いていることへの 感謝の祭典であり、 人生の節目として、さらなる

続きを読む

世界的に有名企業に就職内定☆不況下でも御利益

世界的に有名企業に就職内定☆不況下でも御利益

はじめに 毎年、たくさんの方からの就職や転職の祈願を受けさせて頂いています。 トントン拍子にいく方もおられれば、時間のかかる方もおられます。 どちらにしろ、心を腐らせることなく祈りつつ、就職活動を続けさせて頂くことが大切です。 就職内定の御利益① 大阪市内在住の女性(40代)がお礼参りされました。

続きを読む

サポーター登録受付中

神を親と思って信心をしていれば神の方から子と思う。たとえて言えば、子供のそばに、親がいなければ、悪い者に棒でたたかれることもあるが、親がついていればたたかれることはない。悪事災難は棒を持って来るのではないから、しのごうと思ってもしのげないけれども、神を父母と思って信心していれば、目に見えない所は神が

続きを読む

一筋の心に一筋の光

信心をしていても、なぜおかげがないのであろうかと思ってはならない。たとえば、麦をまいて肥料をやっておいても、正月ごろには、肥料をやらないのとまったく変わらないが、春先になると、肥料をやったのはずっと伸びてくる。信心もそのとおりであるから、怠らないで、一筋の心でせよ。 [singlepic id=68

続きを読む

ああなりたい、こうなりたいの前に

手や口は手水鉢で洗っても、性根は何で洗うのか。実意丁寧の真でなければ洗えまい。 [singlepic id=683 w=320 h=240 float=center] 兵庫県在住の男性(40代)が参拝されました。3か月ほど前から、なんとか人生を立て直したいと、毎月のように宮に足を運ばれています。詳し

続きを読む

妊娠のおかげ

子は、わが力で産むとは思うな。みな親神の恵みによるものである。 [singlepic id=681 w=320 h=240 float=center] 大阪市内在住のご夫婦が参拝されました。結婚されて10年ほど経つそうですが、ここにきて子どもがほしいということになり、数ヶ月前にお参りされた際は、その

続きを読む

天地の恵み

食物を粗末にすると罰が当たると言うが、そういうことは言わない方がよい。子どもには、叱るより教えてやれ。穀物を作るのは農家であるが、それも、神のお恵みがなければできるものではない。神のお恵みをいただく心になるよう、子どもに教えてやれ。 [singlepic id=682 w=320 h=240 flo

続きを読む