受験生の親御さん必見☆合格を引き寄せる受験直前の祈り方とは??

【開運メッセージ】神へは何でも願え。神は頼まれるのが役である。

はじめに

いよいよ受験シーズン到来ですね。

受験生をもつ親御さんにとっては、落ち着かない日々を過ごされていることでしょう。

既に各地より合格のお礼メールが届いていますが、受験の本番はこれからという方の方が、まだまだ多いようです。

そこで合格を引き寄せる受験直前の祈り方を以下に書かせて頂きました。

単に「合格しますように」という呪文のような祈りではなく、神様に通じる深い祈りを実践されることをお勧めいたします。

参考にして頂けると幸いです。

合格

合格を引き寄せる受験直前の祈り方とは?

その1:感謝

まずは、なんだかんだ言っても、受験直前までやってこれたこと、そのことの感謝を申し上げましょう。

勉強面だけでなく、経済的な面、家庭環境、ケガや病気であれば、今日を迎えることはありませんでした。

おかげを頂いての今日であることにしっかりと感謝させて頂けば、自然と心にゆとりが生まれて来ます。

その2:健康

受験当日の健康面を祈りましょう。

当日、風邪を引いてしまったという話も良くあります。

緊張して前日良く眠れなかったということもあります。

たとえ、睡眠時間が少なくとも体調は万全で臨みたいものです。

その3:安全

試験当日の安全を祈りましょう。

雪で交通機関が遅れたり、事故に遭い行けなくなるというニュースもよく聞きます。

当日の道中の安全祈願も健康面同様、大切なことです。

その4:発揮

最後に、日頃の成果が本番で発揮できるよう祈らせてもらいましょう。

すべてが整ったとしても、発揮できなければ意味がありません。

以上のことを踏まえた上で、合格できるよう陰ながら祈らせて頂きたいものです。

最後に

当然、合格者には定員があるので、願えば誰でも受かるというものではありません。

どれだけ望んでも、縁がなければ落ちるでしょうし、勉強が足りない場合も当然落ちます。

万全の状態で試験に挑めるよう祈らせて頂き、また日頃の成果以上のものが発揮できるよう祈らせて頂きたいものです。

本人の将来にとって、一番、よい道がつくように祈るのが親の役目。

どの道が結果的に良いのかは、その時はわからないものです。

しっかりと、お祈りしてあげましょう。

親が焦れば、子も焦るものです。

祈った後は、神様にお任せし、心を落ち着かせましょう。

試験当日は、「なんとかなるから大丈夫」と背中を押し、気楽に家を送り出してあげたいものです。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ