高祖父が祈りを込めた古いお社から“金乃神社”のお札を発見!!

【開運メッセージ】わが心でわが身を生かすこともあり、殺すこともある。

1年祭

昨日、93歳で亡くなられたご婦人の1年祭が無事に仕えられました。

娘さんたちはおられますが、それぞれ嫁いでいるため、この家自体が続くということはなくなりました。

後の者が土地でもめることがないようにと、この1年祭を機に、家を解体し売る準備に入られるそうです。

解体前に自宅の神棚でお祭りをさせて頂き、神璽、霊璽を宮に持って帰らせて頂きました。

この御婦人の祖母様から宮とご縁があるため、御神体もおそらく明治の頃につくられた物で、中を取り出してみたところ、昔の金乃神社のお札とご神米が出て来ました。

金乃神社お札

おそらく私の高祖父が明治期に祀ったものかと思われます。

その古い今はなきお札と高祖父との突然の出会いに、しばし感慨無量になりつつも、ここまでこの家がお世話になって来たお礼を改めて申させて頂きました。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ