フェイスブックで呼びかけ「神仏習合会」定期交流会が開催!!

【開運メッセージ】人のことをそしる(悪口を言う)者がある。神道はどう、仏教はこうなどと、そしったりする。自分の産んだ子の中で、一人は僧侶になり、一人は神父になり、一人は神主になり、また、役人になり、職人になり、商人になりというようになった時、親は、その子供の中で誰がそしられて、うれしいと思うだろうか。他人をそしるのは、神の心にかなわない。釈迦もキリストも、みな神のいとし子である。

神仏習合

懇意にさせていただいている宮大工の金田優さん(合同会社金田社寺建築代表)、山伏でもありマーケッティングングコンサルティングもされている東海等さんとともに、神仏習合会を立ち上げました(写真は、第一回の飲み会の記念写真)。

その後、神仏が好きな方、神仏にまつわるお仕事をされている方々を中心に、フェイスブックを通して呼びかけ、定期交流会を開催させていただいています。

目的は何?

戦争によって歪められた古き良き神仏習合。

近い将来、約3割の神社仏閣は消滅するといわれています。

この会では、現代に合った神仏習合を目指し、神仏に興味のある方、または神仏関係者との交流を図りたいと考えています。

まずは、宗派を問わず仲良くすることに重点を置きつつ、そこからさらに神社仏閣の活性化につなげていければと考えています。

宗教者のサポート

神社仏閣のコンサルティング

周辺を含めた町興し

専門家が集まれば、いろいろとできていくこともあろうかと思います。

寛容の精神を世界へ

また、昨今、世界では宗教間の争いが絶えず、テロが繰り返される状況が続いています。

日本におけるこの「寛容の精神」が少しでも世界の平和へとつながっていくことを願わずにはおれません。

会場は、基本的には願いの宮を使って行きますが、今後は、勉強内容や見学も兼ねて別のところでもやっていきたいと思っています。

神仏習合会交流会

6月12日:神仏習合会「山伏とは??」

山伏の東海さんとトークライブ。

山伏っていったい何?というような素朴な疑問から、山伏をやることで普段の生き方、仕事に向かう姿勢がどう変わったか?など、いろいろと質問させて頂きました。

神仏習合

神仏習合

神仏好き、神仏関係者と交流会。

神仏習合

お坊さん、巫女さん、仏壇仏具店、カウンセラー、セラピスト、デザイナー、精進料理、研究家、太極拳、東洋医学、士業家・・・など、といろいろご参加下さいました。

神仏習合

集合写真

神仏習合

7月29日:神仏習合会「神仏落語」

桂ざこば師匠の一番弟子、四代目桂塩鯛師匠にお越し頂き、終始笑いが絶えない落語で楽しませて頂きました。

神仏習合会

神仏好き、神仏関係者と交流会。

神主さん、印刷業、WEB、遺品整理、神社仏閣損保、セラピスト、司会業、太陽光、料理人・・・など、いろいろとご参加下さいました。

神仏習合会

集合写真

神仏習合会

友だち追加
※Lineから願いの宮の行事やイベントの情報を発信しています。友達登録お願いいたします。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ