一年のお礼参りで、小欲を捨て大欲に立つ。

【開運メッセージ】我を放せば神になるというが、人間は、生きている間は健康繁盛を願い、農家が五穀成就を願い、商売人が商売繁盛を願うのは当たり前の欲である。我を放さなければならないといって、商売人が損をしたり農家が穀物を取らなかったり、人間が早死にをしたりしたら国はもたない。

ロゴ遊び

一年のお礼参り

師走になって以降、今年一年のお礼参りをされる方が続いています。

今日、初参拝された方は、東京都在住の男性(30代)、大阪府内在住の女性(30代)、熊本県在住の女性2名(30代・40代)の計4名でした。

東京在住の男性

中でも、東京の男性は、IT関係で長年働かれてきたそうですが、会社を辞めてやりたい事業を興すか、このままIT業界に留まるか、迷われていたそうです。

以前から、このブログを読まれていたようですが、“面白いお宮さんがあるな”程度で、そこまで気にしていなかったとのことでした。

「先日、講演セミナーのCDの注文を受け付けているのを知ったので、何気なく注文して聴いてみたところ、不思議なことに聴いている内に、次の時代を見据えた社会に貢献できる事業を興そうと腹が決まりました。

あれだけ迷っていた心が定まり、今はスッキリとしています。

それだけでもおかげを頂けたのですが、来年の3月までに事業していくための道筋をつけさせて下さるようお願いしに来ました。」と言われました。

神様にお願いすることは初めてとのことだったので、「願いは、どこまでも自己中心でいいんです。遠慮はいりません。

ただ、自分の願う中身が小さいとただの自分勝手な人間なだけですが、あなたのように自分の願いの中に家族や社会までも包み込むような大きな願いなら、素晴らしい願いです。

小欲を捨て大欲に立ち、事業成功のおかげを頂きましょう。」と言わせて頂きました。

熊本在住の女性

また、熊本から参拝された2名の女性は、「こちらのお宮が今後どう発展していかれるのか、今からワクワクしています。

サポーター募集にスタッフ募集とありましたが、お手伝いしたい気持ちはあっても、何か資格があるわけでもないので・・・。

飛行機だと熊本から1時間ほどで大阪に着くので、頻繁には無理ですが、たまになら来させて頂くことは可能だと思いますよ。」と話されていました。

「別に難しく考えなくてもいいんです。儀式の準備を手伝うとか、宮のお掃除をするとかでもいいんですよ。

それにしても、1時間で着くとは驚きですね。」と言わせて頂きました。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ