三宅歳雄先生と立正佼成会庭野日敬開祖と若き日の父

【開運メッセージ】神道も仏教も天地の間のものであるから、なに派かに派などと、宗旨論をしたり、凝り固まったりするような狭い心を持ってはいけない。心を広く持って、世界を広く考えていかなければいけない。

庭野開祖、三宅歳雄先生と父

写真:三宅歳雄先生と庭野日敬開祖と父

父、井上嘉廣(嘉広)は、国際宗教同志会、WCRP(世界宗教者平和会議)の設立の先駆者である三宅歳雄先生(金光教)に可愛がられ、いろいろとお声をかけて下さったようです。

写真は、三宅先生が、盟友である立正佼成会の庭野日敬開祖に、父を紹介して下さっている場面です。

父:井上嘉廣(嘉広) / 6代目教会長

平成11年、教会長を息子(清志)に譲る。

連合会長、府連盟理事、教団会議員等を歴任。

現在は、烏ケ辻振興町会会長として地域社会に貢献しています。

井上嘉廣

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ