アメリカTVドラマ「ミディアム」ほどではなくとも、“夢見が悪い”と不安になられている方へ

【開運メッセージ】わが子のかわいさを知って、神が人間をお守りくださることを悟れよ。

『ミディアム』~霊能者アリソン・デュボア~

ミディアム

『ミディアム』~霊能者アリソン・デュボア~は、2005年より2011年にかけてアメリカで放送されていたテレビドラマ。

アリゾナ州フェニックスに住む平凡な主婦として暮らしていた主人公が、霊能力を駆使して事件解決のために警察の捜査に協力していく内容です。

主人公のアリソン・デュボアは、実在する霊能者であり、番組の開始は大抵登場人物が見る夢のシーンからスタートします。

この夏休み、お時間のある方は、ぜひDVDをご観賞下さい。

アリソンの霊的なものが見えてしまう苦悩もさることながら、それを支える夫や家族の献身的な姿には感心させられます。

夢見が悪いとお悩みの方へ

夢を見て事件を解決に導く、実在する霊能者捜査官アリソン・デュボアさんほどではないにしても、夢見が悪いとお悩みの方がおられることでしょう。

暑さからくるものなのか、日頃のストレスからくるものなのか、はたまた科学では理解できないところからくるものなのかはわかりませんが、最近、夢見が悪いというお悩みを聞くことが多々あります。

多いのは、旅先で災害や事故に遭ったり、子どもさんがケガをするようなことを連想する夢を見られるようです。

もちろん、虫の知らせのようなものもあるでしょう。

また、そんなこと気にするなと言われても気にしてしまうのが人間であり、この夢は、どういう意味なのだろうと詮索してみたくもなるものです。

では、こんな時は、どうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。

詮索して自ら不安感を募らせるよりも、神様に何事もなきようお願いさせて頂くことです。

祈願メール

祈願メールを送る

近場の方は、直接参拝されたらいいでしょうが、遠方の方やお急ぎの方は祈願メールをお使い下さい。

自分でマイナスのイメージから抜け出せない、神様の御加護を頂きたい、大難を小難にしてほしい、そんな方は祈願メールをお送り下さい。

私が取り次がせて頂きますので、ご安心ください。

祈願メールはこちら

※お礼の報告も忘れないようにしましょう!!

感謝の絵馬

最近の参拝者の一例

先日、30代女性が参拝されました。

夢見が悪く、この夏、家族で旅行へ行く予定にされていますが、事故を暗示させるような内容だったとのことでした。

不安になられましたが、旅行をやめるわけにもいかず、お子様とともに宮に足を運ばれました。

大難が小難になるよう、どこまでも神様にお守り頂けるようにと共に祈らせて頂きました。

その後、予定されていた旅行へ向かわれたようです。

お礼の報告

無事楽しんで帰ってきましました。

途中、雨が降って花火が中止になるかもとか、地震速報のメールが鳴ったりのハプニングありでドキドキしましたが、晴れてきたので花火も決行になって、帰りも渋滞なく予定より早くスムーズに帰って来れてホントにほっとしました!!

また御礼参りも月末頃になると思うのですが、行かせて頂きますぅ!!

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ