『願いの宮』開宮ストーリー 〜変革と挑戦〜


「宗教って何やねん!!」 宗教アレルギーの青年時代

私は、江戸末期より代々続いている神道家の家系に生れました。
現在の地へは、大正期に遷座されています。

その大正から昭和初期にかけての全盛期時代、
荘厳なお社が建てられ、

商売人から歌舞伎界、花柳界にいたるまで
幅広い人々の信仰を集め、

特に恋愛成就、子宝安産に効くと各地より参拝者がたえなかったそうです。
その後、戦災に遭い、衰退を余儀なくされました。

神道といっても一般の方がイメージしやすい神社神道ではなく、戦前、戦中の日本や神道界を
陰で支えてきた教派神道十三派のひとつ「金光教」に属しています。

私は七代目であり、もし宮ではなく、和菓子屋さんであれば、
老舗の若旦那と呼ばれていたことでしょう。

私が生れた時は、戦前の全盛期からは程遠い衰退ぶりで、
戦災後にとりあえず建てられたお社のまま年月が流れていました。

経済的に余裕があるわけではありませんでしたが、
信仰心のある両親の教育のおかげで心豊かに育つことができました。

たとえば物心がつく前から、救急車のサイレンが鳴ると手を合わせて祈るという習慣をつけさせるなど、
見ず知らずの人のことを祈ることで、幼少期に宗教家以前の、人間として根本的に大切なことを教わりました。

私生活でいえば、勉強はそこそこ、スポーツは何でもでき、友人も多く、
どちらかといえば、華やかで目立つポジションで学生生活をエンジョイしていました。

何の悩みもなくすくすくと成長した私でしたが、

唯一、家の仕事のことを話すことはありませんでした。

幼い頃からの教育で信仰心はありましたし、
日々、神前で祈る父や参拝者の方々の背中を見て尊いことだなとは感じていました。

しかし、戦後に生まれた宗教が、セクト化された近代的な宗教ばかりで、
世間では思想集団のようなイメージで思われているため、

戦前からある教派神道でさえも同じように思われている(ブランドイメージが悪い)ところが、
華やかでミーハーな路線を歩む私にとって問題となりました。

この教派神道を引っ張っている「黒住教」や「金光教」などは、穏やかでいい宗教だと私は思っています。

宗教といえば、この神様が一番で、他の神はダメだとか、
脱会したら不幸になるぞというような強引に囲い込むようなイメージですが、

強引に囲い込むようなことは基本神道なので一切ありません。

もしあるとするならば、そこの神職がただ変わっているだけなのでしょう。
願いの宮は、願いの宮になる以前から、組織の管理などありません。

しかし、世間では勝手なイメージの方が先行し、なかなか理解されることもありません。

また、わざわざ説明したところで、私には関係がないことだと思っていました。

なので、信仰心はもちつつも、「宗教って何やねん!気持ち悪っ!!」という感じで、
いつしか宗教のイメージを悪くするような、セクト化された宗教に対してアレルギー反応が出るようになっていきました。もちろん、今でもそんなところはあります。

そんな中、受験生、浪人生活という当時の私にしては大変苦しい時期がやってきました。

曽祖父、祖父と早稲田大学文学部哲学科を出ていることもあり、
いつしか私も早稲田へ行って勉強するものだと勝手に思い込んでいたようなところがあります。

家を継げというようなことは両親からは一度も言われたことはありませんでしたが、
年配の参拝者の方からは、「ボン」や「若」と呼ばれ、当然継ぐものであるかのように可愛がって下さっていました。

私もいつかは継ぐのだろうとの思いもありましたが、
今思えば、とりあえず早稲田へ行って、華やかな業界で働いて、
退職してから戻って来てやればいいだろうというような、

家を継ぐことから逃げたい思いでいっぱいだったような気がします。

「えっ?マジで!!」 人生のターニングポイント

その浪人生活では、思い通りに人生が進まず、精神的にも追い込まれていたため、
誰もいない時を見計らっては神前に座り、静かに祈るような瞑想タイムが自然と増えていきました。

また、試験では小論文があったため、参考にしようとする本もなぜだか宗教的なものばかり選び、

「こんな世界とは、はやく離れたいと思っているのに、何でやろ・・・。」

と自問自答しつつも、自然と興味がそっちへ向かって行く不思議さを感じていました。

浪人中、私の心を揺さぶる2つの大きな出来事がこの時期にありました。

ひとつは、阪神淡路大震災です。多くの方が亡くなり、
ボランティア活動をする方が増えたことは素晴らしいことだと思いましたが、
宗教家たちが救援物資を運ぶ活動を熱心にしている姿を見て、ガッカリしたことを覚えています。

「そんなこと誰でもできるやないか!!」

これが正直な気持ちでした。

もし医者なら、荷物の運搬は他の人に任せ、ケガ人や病人の治療に専念することでしょう。

宗教家であるならば、苦しんでいる人たちの話に耳を傾け、
生きる力を引き出すぐらいの活動をしてほしいという思いでいっぱいになりました。

しかし、私は浪人生であり、自分には関係がない世界のことだと言い聞かせていました。

すると、今度は地下鉄サリン事件が起こりました。
それもオウム真理教という宗教教団の起こした無差別殺人テロでした。

「おいおい。本物の宗教家はいったいどこへ行ってん。」

という嘆きが自分の心の中からまた聞こえてきたのです。

今思えば、私の興味がそちらの方に向きつつあると同時に、神様の方からもこっちへ来い、
こっちへ来いと引っ張って下さっていたような気がします。

とはいえ、その選択は、学生生活をエンジョイし、華やかな業界に就職し、
人生を謳歌しようと準備をしている私としては到底受け入れることができないものでした。

ましてや、それを受け入れるということは、たとえるならば、華やかな路線を歩んできた私が、
スポットライトの当たらない暗闇を歩む人生を選択するようなものです。

「逃げよう。はやく東京へ出よう。」と、はやる気持ちで、受験に挑むこととなりました。
いよいよ明日が、受験という前日、先に早稲田へ入った友人の好意で、家に泊めてもらうことになりました。

苦しかった浪人生活も今日で終わり、明日の試験に全力で挑もうと思っている矢先、
夜になって突然、泊めてくれた友人が原因不明の高熱でうなされはじめたのです。

頭を冷やすと、うなされていた声も治まり、こちらも少し寝ようとうとうとしはじめると、
またすぐにうめき声が聞こえてきます。結局は、寝ることをあきらめ、朝まで看病することになりました。

最初は、「明日試験やのにどうすんねん。」という焦りでいっぱいになりましたが、
ややもすると、明日の試験のことよりも彼の体調の方を優先している自分に気づきました。

そして、その時、暗闇から聞こえてくる彼のうめき声が、
何千、何万というような驚くほどたくさんの人々のうめき声に聞こえてきたのです。

また同時に、

「逃げるな、はやく戻って来い。」
と神様に呼ばれているようにも感じました。

「そうだ。逃げずに立ち向かおう。必要とされているのなら、必ずここから道がつくのだろう。」
これを機会に進学をやめ、本気で家を継ごうと腹を決めることができました。

この出来事が、今でも私の原動力であり、ターニングポイントになっています。

その時までは、家を継ぐということは、衰退した宮に来られている数少ない年配の参拝者の方々のために
やらなければならないというような、どこか消極的なイメージで考えていました。

しかし、その出来事からは、何千、何万と苦しんでいる方々のお役に立つために家を継がせてもらおう。
またそのためにも私は呼ばれたんだという、期待されている喜びで満たされていました。

「世界へ向かって、只ひたすら座る」 下積みの修行と現実

今までの出来事や私の思いを聞かされていた先代の父は、やるからには若い頃からやった方がいいと、
神職の資格を取得して帰ったばかりでしたが、交代することになり、
正式に七代目を24歳で継ぐこととなりました。

また、そこから修行に入り、まずは五年間は徳積みの下積み時代と位置づけ、自身に「五年の座行」を課し、

朝の六時から夜六時まで門外不出で、
神前横の結界に座り続けるストイックな修行

をさせて頂きました。

この五年の座行の苦しみは言葉で説明できるものではありません。

24歳から29歳までのいわば青春時代を、何もすることもなく、
また誰もお参りのない中を座り続けるのは、不動の精神力を養わなければ、続けれるものではありません。

誰も見ていない、また誰かに評価されるものでもない、
ましてやこの修行をやったからといって、その後どうなるのかもわからない中、もくもくと座り続けたのです。

もちろん私も人間なので、やる気のある日もあれば、ない日もあり、
体調のいい日もあれば、悪い日もありました。

「アホでもできる一生懸命」とはよく言ったもので、アホはアホなりに継続するということが大切であり、
そのことがどれほどのものになるのか、後になってわからされるのです。

とは言うものの現実は厳しく、神前の気配は変わっていったものの、
1年2年経っても参拝する方が増えていく気配はありませんでした。

いったい私は何のために人生をかけてこれをやっているのか、神様が呼んだからこうやってやっているのに

神様は何もしてくれない・・・

こう苛立つような思いになる日もありました。

相撲の稽古でたとえるならば、投げられても投げられてもくらいついていくようなもの。

その時はわかりませんが、後になってみて、期待されているからこそ投げ飛ばされ、
もっと大きくなれよとの親心で鍛えられていたのがよくわかってくるものです。

そんな中、少しずつ参拝される方も増えはじめ、勢いが感じれるようになった頃、
戦災後に建てられたお社では申し訳ないこともあり、また衰退したお社の復興の準備に入るべく、
銀行に資金を借り、思い切って宮を新築落成させて頂きました。

まずは神前からということで、外観にはお金をかけていませんが、
いずれ外観も増築し、外から見ても立派なお社だとわかるような神道風の建物にしていくつもりでいます。

こうして、5年の座行の後半は、幸いなことに新しい神前に座らせて頂きました。

また、その頃からさらにお参りされる方も増え、奇跡的に病気が治る方や、
商売が黒字にV字回復される方などおかげを頂かれる方も飛躍的に増えていきました。

こうして5年間の座行を通したおかげで、神様とつながるパイプのような芯が、
押されてもビクともしない、太くて大きなものになっていったように感じています。

「おいっ。むちゃくちゃ言うなよ。」 改革、そして挑戦

5年の座行の間は、宮の情報を一切外に発信しないようにしていました。
いわば来られた方の口コミのみで、少しずつ広まっていきました。

日々蓄積してきたことを満願以降やらせてもらうことに決めていたので、
満願の日が待ち遠しいかったのを覚えています。

特に、誰でも参拝でき、悩みも願いごとも直接神職が聞いてくれる、
またお供えの金額も自由で、その上ご利益もある。

普通、これだけそろえば興味のある方は多いはず、なのにお参りもまだまだ少ない。

これは情報を発信していないのが問題だけでなく、世間のイメージが邪魔をしているからで、
私の嫌いなセクト的な宗教のイメージで、この宮も見られていることが原因であろうということは、
容易に想像できました。

このマイナスイメージとも戦わなければならない。

さて、どうするか。いろいろと考え、
神様と相談しつつ出した結論が、宗旨宗派を問わない誰でも
ウェルカムを謳う「願いの宮」というポップな通称をつけるということでした。

5年の行満願までに、看板、幟、幕、パンフレットを用意し、満願の日に「願いの宮」を開宮させて頂きました。

その後、パソコンを購入、最初の願いの宮サイトを作成させて頂きました。

当時は、インターネットが何なのかもわからないような手探りの状態でしたが、
とにかく情報さえ発信していけば、大丈夫だという確信のようなものがあったので、
まだまだ幼稚なサイトでしたが、ぼちぼちと発信させて頂きました。

発信すればするほど、北海道から沖縄、さらには海外に住む方まで、お参りに来られるようになりました。
また、ミクシィなどのSNSも盛んになりはじめると、その勢いはさらに右肩上がりになっていきました。

目の前で悩み苦しんでいる人が助かっていく姿を見ると、

「よかった。インターネットのおかげで、私もみなさんのお役に立つことができる。これで変なイメージともおさらばだ!!」と、

水を得た魚とはこういう状況のことをいうのでしょうか、ますますパワーアップしていきました。
ありがたいことに実際に参拝された方の口コミで、さらに宮のことが知れ渡るようになっていきました。

しかし、前に出れば出るほど、増えていったのが、

批判、そして誹謗中傷でした。

直接会ったことがある方に批判されるならともかく、勝手な憶測からの批判であったり、
私が何かを企んでいるかのように思われる方からの誹謗中傷には、正直戸惑いました。

そんな声が聞こえてくるのも、便利なインターネットの時代なのかもしれません。
一歩前に踏み出すということは、そういうことにも慣れていかなければならないものなのでしょう。

各メディアからも取材依頼が入り出した初期の頃、雑誌、そして出版社からも教派神道に
属しているというだけで、依頼してきたのにかかわらず断られるという不当な扱いを受けたことが数回ありました。

現場感覚で願いの宮は面白いと感じられた若くてセンスのある方が、
頭の固い上層部に話をあげられたのでしょうが、最終的にダメとのことだったようです。

また、あるメディアのインタビューを受け記事にまでなっていたものが削除されることもありました。
お詫びして来られた担当者に聞いたところ、

ある大きな神社の神職が、願いの宮が出るなら協力しないと言いだしたそうです。
結局、力のある神社の顔を立てる形で、宮の記事は削除されました。

しかし、そのような扱いを受けても決してひるむことはありません。
すべてを力に変え、ただただ勝手なイメージを払拭するべく、前進するだけでした。

また、同時に増えていったのが応援の声です。

「こんなところがほしかった。宮みたいなところがもっと広まってほしい。頑張って下さい。」
そいう方々のサポートや励ましのおかげで、宮が益々繁栄していきました。

中でも、スピリチュアルな感覚のある方は、感じる波動で判断されるので、
勝手なイメージや建物の外観で判断されることはありません。
そのような真の感覚のある方が、口コミで広めて下さったことは、大変ありがたいことでした。

こうした不当な扱いも時間とともになくなっていき、その後、扱って下さるメディアも
大きなものへと変わっていきました。

面白いクリエーター宮司がいる、願いの宮はポップで現代に合う神社だとして、
メディアを通してさらに広まることになっていったのです。

振り返ると、5年の座行までは、己の心との闘いでしたが、
次の5年は、今までとは違った内外との間にある分厚い壁との闘いとなりました。

「宮にふれれば、おかげがいっぱい!!」 進化する伝統

私がもし親孝行のためだけで家を継ぐというようなモチベーションの低さであったならば、
ここまでやろうとは思わなかっただろうと思います。

あの受験前夜、何千、何万の苦しむ人々の声を聞き、そのような多くの方々のお役に立たねばならないと
思わされたからこそ、今のモチベーションが保たれているのでしょう。

事実、この5年間で4千人を越える方が実際に参拝され、
悩みごとや願いごとを直接聞かせて頂きました。

お礼のお手紙も段ボール2箱ほどになっています。
また、メールでの祈願は既に数万件ほどになり、宮に心を寄せられる方も
増えてきています。

また、先日は、東北大学の研究者の方が、願いの宮を題材にした論文を書かれました。
庶民に開かれた場ではありますが、アカデミックなところからも、注目を頂いているようです。

まだまだ、願いの宮は進化の途中です。情報革命とともに、
さらにここから成長していくことになるでしょう。

ご縁のあった方だけでなく、これからご縁がはじまる方とともに、
願いの宮の強みを活かした、

現代に必要とされる宮

をつくっていきたいと思っています。

ここまで読まれた方の中には、ご自身の人生と重ねて感じるところがある方も
おられることでしょう。

また、抱える問題は違えども、現状をなんとか乗り越えたいと
苦しんでいる方もおられるのではないでしょうか?

実際に参拝してみたい、そう思われた方も多いかもしれません。
しかし、すぐには行けないという方もおられるでしょう。

そんな方は、遠慮なく幸福祈願のメールをご利用下さい。

さらに祈願メールだけでは何か物足りないとう方には、自筆で書く、
「特別祈願」もご用意させて頂いています。

あなたにとって、このサイトとの出会いが

人生のターニングポイント

になるかもしれません。

「願いの宮」宮司・桃山きよ志 プロフィール

●平成11年7代目就任
阪神淡路大震災、オウム事件、受験前夜の出来事をきっかけに7代目就任を決意。その後、修行のため朝六時から夜六時まで門外不出で、神前横の結界に座り続けるストイックな修行「五年の行」を遂行。
●平成16年開宮
NEWタイプの神社「願いの宮」を開宮。何千人の参拝者から支持を得ている。
●メディア掲載
船井幸雄グループ・月刊誌 『Funai★Media』/バラエティTV番組『8時です!生放送!!』/関西テレビ「よ~いドン!」となりの人間国宝さんに認定/『おはよう朝日です』NMB48課外授業、巫女さん体験/『猫とも新聞』特集ページに掲載

「ご祭神」天地金乃神 / 生神金光大神

願いの宮の神様は、天地金乃神様と呼ばれ、日乃大御神(太陽の神様)、
月乃大神(月の神様)、丑寅の金神(大地の神様)の三神を総称した御名で呼ばれています。

特に、丑寅の金神(大地の神様)は、鬼門の祟り神と昔から恐れられていましたが、
実は封印された古代の神であり、恐れずに逆に敬えば人々に大きな恩恵が与えられると伝えられ、
混迷の時代に立ち現われる、パワーのある神様といわれています。

「願いの宮」が人気を集める3つの理由

人は誰でも、幸せに生きていきたい願いを持っています。

宗教は、本来、人間がよりよく生きていくために生まれ、存在するものです。
教えや戒律で人を縛ったり、組織の拡大ばかりが優先されるものを宗教とは呼びません。

「願いの宮」は、誰でもが安心して参拝でき、
幸せに生きていくための所願がすみやかに成就するための救済の場です。

儀式や祈祷のお供えの金額は自由であり、また会費と称し、
高額な献納金を要求することも一切ありません。

自由意志に基づく真心からの献納のみ神様にお供えさせて頂きます。
この宮の神様は、人間をどこまでも大切に扱う天地の親神様です。

宗旨宗派を問わず、国籍、人種、仕事の良し悪しも問わず、ただただ神様のご利益を頂いて、
よりよく生きていきたい者、強い願いや大きな夢のある者、悩み苦しみさまよっている難儀な者にとっての開かれた場なのです。

どんな願いも、神様に取り次ぎいたします。

「願いの宮ストーリー」を他の人に伝える

「願いの宮」に応援のコメントをお願い致します。