Q&A

Q 願い取次を受けるのに予約は必要ですか?

A 必要はありません。ただし、定時祈念、祭事の時間帯は受けつけることができないので、行事予定を確認してご参拝下さい。

Q お供えの金額は自由とのことですが、みなさんどれくらいされるのでしょうか?

A お供えは、金額の大小ではなく、真心が大切です。身の丈にあった範囲で、気持ち良くさせて頂きましょう。

Q 参拝したいのですが、そのためには何かに入会しなければならないのでしょうか?

A 願いの宮には、入会もなければ、脱会もありません。当然、何かに勧誘されることはありません。ただし、宮を応援して下さる方

が、自由意思で登録するサポーター制度があります。登録された方には、複数の特典(※サポーター登録参照)があります。

Q 何度もお参りしてもいいのでしょうか?また、普通にお参りするだけでもかまわないでしょうか?

A 何度お参りされてもかまいません。また、毎回願い取次を受けなくても、普通に参拝するだけでもかまいません。時間内であれ

ば、いつでも自由に参拝して下さい。中には、月参拝されている方や、定時祈念に合わせて日参される方のように心の拠り所にされて

いる方もおられます。

Q 特定の宗教に入っているのですが、参拝してもかまわないでしょうか?

A かまいません。宗旨宗派を問わず、どなたでも自由に参拝できます。参拝される方の中には、クリスチャンの方、新興宗教に入ら

れている方、無宗教の方など、いろんな方が参拝されています。

Q 何か行動を起こす際、大殺界や厄年、方角などが気になるのですが、どうすればいいでしょうか?

A 大殺界や厄年、方角などを軽く考えてはいけませんが、そのこと自体に縛られて息苦しく感じる必要はありません。宮の神様にお

断り申し上げて、行動していけば大丈夫です。心配する必要はありません。

Q 願いの宮の神様は、どのような神様ですか?

A 宮の神様は、天地金乃神様と呼ばれ、日乃大御神(太陽の神様)、月乃大神(月の神様)、丑寅の金神(大地の神様)の三神を

総称した御名で呼ばれています。特に、丑寅の金神(大地の神様)は、鬼門の祟り神と昔から恐れられていましたが、実は封印され

た古代の神であり、恐れずに逆に敬えば人々に大きな恩恵が与えられると伝えられています。

Q 願いの宮は神道ですか?

A 教派神道十三派(政府公認)のひとつ金光教に所属しています。悩みごとや、願いごとを、直接聞いてくれる神職がいる変わった

神社だと思って下されば、理解しやすいかと思います。カフェ感覚で参拝できるお宮さんを目指しているので、難しく考えず、気軽に

お参りして下さい。