願いの宮とは

ABOUT US

願いの宮とは > プロフィール

profile

PROFILE

願いの宮 宮司
桃山きよ志 プロフィール

願いの宮7代目宮司 桃山きよ志について

就任から願いの宮開宮まで

平成11年7代目就任

阪神淡路大震災、オウム事件、受験前夜の出来事をきっかけに7代目就任を決意。その後、修行のため朝六時から夜六時まで門外不出で、神前横の結界に座り続けるストイックな修行「五年の行」を遂行。

平成16年開宮

現代にあった新しいかたちの神社「願いの宮」を開宮。何千人の参拝者から支持を得ている。

メディア掲載

船井幸雄グループ・月刊誌 『Funai★Media』/バラエティTV番組『8時です!生放送!!』/関西テレビ「よ~いドン!」となりの人間国宝さんに認定/『おはよう朝日です』NMB48課外授業、巫女さん体験/『猫とも新聞』特集ページに掲載

桃山きよ志

「ご祭神」天地金乃神 / 生神金光大神

願いの宮の神様は、天地金乃神様と呼ばれ、日乃大御神(太陽の神様)、月乃大神(月の神様)、丑寅の金神(大地の神様)の三神を総称した御名で呼ばれています。
特に、丑寅の金神(大地の神様)は、鬼門の祟り神と昔から恐れられていましたが、実は封印された古代の神であり、恐れずに逆に敬えば人々に大きな恩恵が与えられると伝えられ、混迷の時代に立ち現われる、パワーのある神様といわれています。

「願いの宮」が人気を集める3つの理由

人は誰でも、幸せに生きていきたい願いを持っています。
宗教は、本来、人間がよりよく生きていくために生まれ、存在するものです。
教えや戒律で人を縛ったり、組織の拡大ばかりが優先されるものを宗教とは呼びません。
「願いの宮」は、誰でもが安心して参拝でき、幸せに生きていくための所願がすみやかに成就するための救済の場です。
儀式や祈祷のお供えの金額は最低限の額のみをご提示させていただき、高額な献納金を要求することは一切ありません。
この宮の神様は、人間をどこまでも大切に扱う天地の親神様です。
宗旨宗派を問わず、国籍、人種、仕事の良し悪しも問わず、ただただ神様のご利益を頂いて、よりよく生きていきたい者、強い願いや大きな夢のある者、悩み苦しみさまよっている難儀な者にとっての開かれた場なのです。
どんな願いも、神様に取り次ぎいたします。

「願いの宮」が人気を集める3つの理由

  • 株式会社桃山社中
  • 願いの宮神前式 for LGBT