Archive for 12月 2005

今年最後の参拝者

今年、最後の参拝者は、初参拝の兄妹(20代後半)でした。 ネットで「願いの宮」を見つけ、この先生の考え方と合うと感じ、どうしても年内には参拝したいと思われたようです。今日は、妹さんもお兄さんに便乗して一緒に参拝されました。 お兄さんは、占い師をされているようです。占いとはいえ、カウンセリング能力がや

続きを読む

今年のうちに・・・

歯の治療で金属アレルギーのようになってしまい、何年間もの間、ピリピリと口の中が痺れ、何を食べても美味しくないという状態に悩まされてきた女性がおられました。 今年から、そのことの回復を、願いの宮にてお願いされていました。埋め込んだ金属を取り除いた後も、痺れは取れず、大変でした。しかし、大祓式の数日前く

続きを読む

クリスマスプレゼント

ここ2日、明日の大祓式に参拝できない方が続けてお参りになられました。 今日参拝された方の中に、今年数々のおかげを頂かれ会社を発展させた社長さんがおられました。今月はある部門が予測していた売り上げより1000万円ほど大幅にダウン傾向になり、急に先が見えない状況に陥り、大変困られたようでした。 しかし、

続きを読む

一流のススメ

今日は、カウンセラーをされている女性の参拝がありました。大学でも心理学を教えておられ大変活躍されています。 普段は、ボーダーライン(病院では一定のラインを超えるとたらい回しにされるらしい・・・)を超える重い症状のクランケのカウンセリングを主にされています。この場合は、時間も根気もいり大変なようです。

続きを読む

自信回復のおかげ

今日は、1月1日より起業される方が、参拝されました。 半年ほど前、まだ一従業員として働いていた頃に、宮に参拝されるようになりました。当時は、自分に自信がもてず、取り越し苦労ばかりの日々でしたが、おかげを頂かれたことをきっかけに、自信がもてるように変わっていかれました。 そこから、もともとあった才能を

続きを読む

開運・人形祓い (ひとがたはらい)

30日の「年越大祓式」では人形を使用します(以下、6月25日「開運のことば」より)。 昔の『祭式教範(教義講究所発行)』の文献から引っ張り出してきて、現代的に復活させました。この人形は、デザイナーの友人Y君と試行錯誤して、制作したものです。 当日も、人形を置いてますので「結界」に提出して頂けたら間に

続きを読む

子宝安産

今日は、中学校の同級生が旦那さんを連れて参拝されました。 来月ぐらいに子どもが産まれる予定だそうです。実家に来たついでに寄られたぐらいのつもりで話を聞いていたのですが、どうやら本気の参拝のようです。 神殿にて、改めて一緒にお祓い祈願をさせて頂きました。昔、交通事故に合って以来、彼女は腰が悪いのですが

続きを読む

一年のリセット(新年を迎える前に)

よくお祓いをするのに祓麻(はらいぬさ)・大麻(おおぬさ)を振ってますが…あのハタキみたいなやつです(笑) あれは祓戸の神さま(海神さま)をハタキにお呼びしてそれを振っているのです。いかなるものも祓い浄められるとされています。 “生命の誕生は海”からです。つまり海からわれわれは始まっているのです。海は

続きを読む

何もない時にこそ参拝(心のメンテナンス)

今日は、京都から雪の中を女子大生のMちゃんが参拝されました。 今年からご縁を頂き、月に2度ほど宮に足を運んでいます。今日の夜はゼミの飲み会があるとのことで、いつもより可愛らしい服装でした。「先生どうです?可愛いでしょ!!」と、初参拝の時、泣いていたのが嘘のような会話でした。最近モデル撮影のバイトもし

続きを読む

おかげを頂き 先を楽しむ

先日、念願の少林寺拳法昇段試験に合格したものの、左手の薬指を骨折し、手術の可能性があった女性を紹介させて頂きました(12月11日「開運のことば」)。 「神様に大難を小難にして頂いたと思って、前向きにいきましょう。とりあえず昇段試験おめでとうございました。」と彼女に伝えると、「感謝しています。ありがと

続きを読む