Archive for 8月 2010

大変な時こそ、おかげの受け時

どうにもならない時には、じっと寝入るような心持ちになるのである。どうにもならないと思う時にでも、わめき回るようなことをするな。じっと眠たくなるような心持ちになれ。 ◆東京「NEGAINOMIYA」。9月18日(土)宮司を囲む会参加者募集中(詳細はコチラ)。 [singlepic id=901 w=3

続きを読む

“開く扉から開けていけばいい”前向きに気持ちを切り替え良縁成就!!

はじめに 東京都在住の女性(30代)が参拝されました。 彼女は3年前に初めて参拝されて以降、定期的に足を運ばれるようになられ、いろいろと目に見えておかげを頂かれています。 特に、幼少から病弱ですぐに寝込んでいた彼女でしたが、初参拝以降は、寝込むことがなくなってきました。 寝込むことがなくなってからは

続きを読む

1名キャンセルが出ました☆

重い物を背負っているか担いでいれば苦しいが、そうではないから信心は楽である。家業を勤めながら信心をせよ。 [singlepic id=690 w=320 h=240 float=center] 9月18日(土)に開催される初の東京でのイベント、東京「NEGAINOMIYA」ですが、都合のため願い取次

続きを読む

樫尾直樹先生の紹介で、本山一博先生が来訪されました!!

樫尾直樹先生の紹介で、本山一博先生が来訪されました!!

大きなことはお願いし、このくらいは構わないと言うことはない。神には、大きいこと小さいことの区別はない。何事にも神のおかげをいただかなければならない。 「スピリチュアルライフのすすめ」の著者、慶応義塾大学准教授、宗教学者の樫尾直樹氏に紹介して頂いた玉光神社の権宮司、本山一博先生が、昨日、宮を訪ねて下さ

続きを読む

心の平安

神道も仏教も天地の間のものであるから、なに派かに派などと、宗旨論をしたり、凝り固まったりするような狭い心を持ってはいけない。心を広く持って、世界を広く考えていかなければいけない。 ◆東京「NEGAINOMIYA」。9月18日(土)宮司を囲む会参加者募集中(詳細はコチラ)。 [singlepic id

続きを読む

海外から巫女体験に参加

天が下の者はみな、神の氏子である。天が下に他人はない。 ◆東京「NEGAINOMIYA」。9月18日(土)宮司を囲む会参加者募集中(詳細はコチラ)。 [singlepic id=892 w=320 h=240 float=center] 香港在住の女性(20代)が、巫女体験に参加されました。日本語が

続きを読む

神様の存在を感じる

徳のないうちは心配する。神徳を受ければ心配はない。 ◆東京「NEGAINOMIYA」。9月18日(土)宮司を囲む会参加者募集中(詳細はコチラ)。 [singlepic id=891 w=320 h=240 float=center] 2ヵ月ほど前、友人に連れられて初参拝された大阪府内在住の女性(30

続きを読む

身代りイモリ

天地のことをあれやこれやと言う人があるが、人間では天地のことはわからない。天地のことが人間でわかれば、潮の満ち干もとめられよう。 ◆東京「NEGAINOMIYA」。9月18日(土)宮司を囲む会参加者募集中(詳細はコチラ)。 [singlepic id=890 w=320 h=240 float=ce

続きを読む

とりあえず画像を一枚

神は、人間を救い助けてやろうと思っておられ、このほかには何もないのであるから、人の身の上にけっして無駄事はなされない。信心しているがよい。みな末のおかげになる。 ◆東京「NEGAINOMIYA」。宮司を囲む会参加者募集中(詳細はコチラ)。 [singlepic id=889 w=320 h=240

続きを読む

明日はイベント桃山祈願祭☆

神を信じる者は、何をするにしても遊ばせていただくのである。広前(神前)の奉仕で遊ばせていただき、商売でも農業でも遊ばせていただいているのである。みな天地の間にうれしく、ありがたく遊ばせていただいているのである。 [singlepic id=501 w=320 h=240 float=center]

続きを読む