“開く扉から開けていけばいい”前向きに気持ちを切り替え良縁成就!!

【開運メッセージ】信心していれば、その時は都合が悪いようでも、神の仰せにそむかないでいると、後になってから、あれもおかげであった、これもおかげであったということがわかってくる。これがわかるくらいの信心をしなければ、信心するかいがない。

良縁成就

はじめに

東京都在住の女性(30代)が参拝されました。

彼女は3年前に初めて参拝されて以降、定期的に足を運ばれるようになられ、いろいろと目に見えておかげを頂かれています。

特に、幼少から病弱ですぐに寝込んでいた彼女でしたが、初参拝以降は、寝込むことがなくなってきました。

寝込むことがなくなってからは、夢に向かってチャレンジする時間も増え、貪欲に前進して来られましたが、想いを寄せる男性との関係だけが上手くいかず、成就させたいとの想いばかりを考えるようになっていかれました。

不思議なもので、そうなると夢に向かう力も失速し、そちらの方までも上手くいかなくなってきました。

参拝(願い取次)で気持ちを切り替える

「この一年、明確な目標があるにもかかわらず、夢に向かって何もやることができませんでした。

振り返ると、神様から何回もチャンスを与えて下さっていたことがわかるのですが・・・、本当にもったいないことをしてしまいました。

開かない扉の前で、“開け開け”とずっと立ち止まっていたような状態でした。

そんなところで時間をつぶすよりも、開く扉からどんどん開いていけばよかった。

そんな思いにやっとなれました」と、話されていました。

今回の参拝では、彼への想いを断ち切り、夢に向かって改めて頑張っていきたいと、神様に決意を報告されました。

彼女のその後は?

寝込みやすかった体調も嘘のように改善し、今ではロッククライミングが趣味になり、休日は体を鍛え、また、前向きにいろんなことに挑戦できるようになって以降、新しく彼氏もでき、楽しい日々を過ごされているようです。

さらに、東京「NEGAINOMIYA」を開催する際は、おかげを頂いているお礼にと、可能な限りお手伝いをして下さっています。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ