我欲を捨て、正欲の願いを立て、生きる。

【開運メッセージ】神へは何でも願え。神は頼まれるのが役である。

職場の雰囲気が・・・

昨年、初参拝された薬剤師の女性(30代)が、今日は上司の男性(50代)を連れてお参りされました。

職場の人間関係が悪いので、改善していきたいという話をいつもされているそうです。

春頃には、その上司の男性が部長に昇進されるので、今まで以上に環境を整えやすくなるとのことです。

しかし、現状は足を引っ張り合うような人間関係で、職場の雰囲気も悪いようです。

なんとか改善の道が開けるようにとお願いされていました。

「環境を改善していきたい。部署をどうしていきたいという目的をハッキリ持たせて頂きましょう。

たとえ今は2人だけでも、しっかりと願わせて頂くことが大切です。

そこさえ外さずにいれば、今まで腹が立っていたことがバカらしく感じてくるでしょう。

自分の利益しか考えていない同僚と同じ土俵に乗る必要はありません。」と言わせて頂きました。

娘の試合が・・・

また先日、娘さんのバレーボールの試合があるというお母さんから祈願メールを頂きました。

「以前も神殿の壁紙にお願いして、試合に臨んだら結果が良かったので、今回もケガなく日頃の練習成果が発揮できるように。」とお願いされていました。

その結果の報告メールを先ほど頂いたので紹介させて頂きます。

こんにちは。 昨日、願いの宮の壁紙に拝んでから娘の試合観戦に行きました。

午前中はボロボロだったので心配しましたが午後からウソのように実力以上の力を発揮してチームは2位ゾーンでなんと優勝することができました!!

午後から観戦できなくてビデオ録画で観戦しました。

お宮のおかげをたくさんいただけて本当に感謝でいっぱいです。。ありがとうございました。

これからも練習をおこたらずおかげをいただけるように精進してくれたらいいなと思っています。

これからもよろしくお願いいたします。。

我情我欲??正情正欲??

我情我欲は、自分さえよければ、人はどうでもよいと思う欲。

正情正欲は、自分も立ち、人も立ち、神も喜ぶ美しい欲望、感情です。

我欲にふけると、心が狭く、いらいらするが、正情正欲は、強くなるほど心が広くなり、勇み立つもの。

「自ら省みて直くんば、千万人といえども吾行かん」という大きな器がもてます。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ