“掃除が開運をもたらす”3つの理由と注意点とは?

【開運メッセージ】座敷、押し入れ、板の間にちりが積もるように、人間は我欲のためにわが心にちりが積もる。わが心わが身が汚れないように、心と体の掃除をするつもりで、今月今日で信心をせよ。

有志の主婦の方々と宮の掃除をさせて頂きました。

毎月させて頂いていますが、神前から始まり、参拝者の集う広前や玄関付近まで、丁寧に真心を込めてお掃除させて頂いています。

参加された方の話を聞かせて頂くと、「宮の掃除をすると心がスッキリするだけでなく、その後、おかげも頂けるんです。」と、掃除後のお茶交流会では、いろいろとあったおかげの話をされています。

昨日も、自分のライフスタイルに合うパートを探されていた方のパート先が見つかったことや、在宅でできる仕事を探されていた方の仕事先が見つかったなど、おかげを頂かれた報告を聞かせて頂きました。

世間では、「掃除をしてもなかなか開運しません。」というような声を聞くこともあります。宮に来られる方は、どうして掃除をしておかげを頂かれるのでしょう?

今回は、宮で掃除をすれば開運する3つの理由と、注意点を書かせて頂きたいと思います。

理由1:掃除 = 体を動かすこと

自宅がゴミ屋敷になっているという方のことが、テレビで映ることもありますが、これは人間関係がうまく築けない孤独な方が陥りやすい極端な例です。

しかし、ちょっとした悩みを抱えている方や、人生が上手くいっていないと感じている方の中にも、部屋が散らかっているという方は多いかと思われます。

悩んでいる方に限って、頭でなんとか解決しようとしがちですが、忘れないためにも、“悩むなら、まずは体を動かせ”と、自分自身に言い聞かせておきたいものです。

これは何も掃除だけではありません。ちょっとした運動をするだけでも、悩みが解消する効果はあります。

悩んでいる時間があるなら、体を動かそう。

理由2:掃除 = 心の整理

物理的に整理整頓すれば、部屋の中が綺麗になるだけでなく、心の中もスッキリと整理されていきます。

心の中が整理されると、何をしたいか、何をしなければならないか、優先順位も見えてくるでしょう。

また、黙々と掃除することは、瞑想しているのと同じです。清々しい気持ちになり、自然と明るく前向きな気持ちになれます。

心の中が整えば、優先順位がわかります。視界が広がれば、当然、前向きになれます。

理由3:宮という場の力

ご自身のお部屋を掃除するだけでも効果はありますが、しかし、広前(神前付近)を掃除することで体験できる宮ならではの醍醐味があります。

それは非日常的空間である広前をお掃除させて頂けるということは、ある意味、神様のご神徳にふれることができるということです。

ご神徳にふれたいと思っても、どのようにしてふれればいいのかわかりませんし、また、なかなか実感できるものでもありません。

神様の気配を感じる場をさらに清めさせて頂くことで、おかげの近道である「ありがたき・もったいなき・おそれおおき」の“3つの「き」”を感じさせて頂くことができるので、その効果は絶大です。

宮では、掃除させて頂く広前を、神様のご神体だと思い、ひとつひとつ丁寧にお掃除させて頂いています。

宮での掃除は、ご神徳にふれることに直結します。おかげの効果も絶大です。

注意点:やる気と継続

あたり前のことですが、お掃除することで開運しよう、おかげを頂こうという気持ちがあるのとないのとでは、大きな差が出て来ます。

世の中には、掃除が仕事だという方もおられるでしょうが、その方々が、すべて開運体質なのかといえば、実際はそうではありません。

なぜ、そういう体質になれないのか。

惚れ込んでやれば、開運体質になれ、一石二鳥のような仕事なのかもしれませんでが、ひょとすると、なんでこんな仕事をしなければならないのか、こんな仕事は本当は嫌なんだと、心の底では思われているのかもしれません。 

不平不満、愚痴不足、ひねくれた心が根底にあれば、開運とは縁遠い存在となります。

ちょっと上手くいかないことがあっただけで、掃除をしても無駄だと、すぐに諦めてしまう方も多いようですが、自分のペースでいいので、できる範囲で続けさせて頂くことが大切です。

とにかく、まっすぐな心で、掃除をさせて頂きましょう。

掃除する以前に問題になるのは、開運する気があるのか、ないのかです。また、継続することが大切です。

「掃除でおかげ」参加者募集中

宮では定期的に掃除をさせて頂いています。

参加を希望される方は、問い合わせからメッセージを送って下さい。

日時が決まれば、ご案内させて頂きます。

ブログランキング
← ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

他の人にこの記事を教える

コメントをどうぞ